12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-08 (Thu)
お題の意味分かります?皆さん~♪

ハラ・・・大型運搬船が沈没

ドキ・・・鹿児島集中豪雨から姉弟生還!!

ひえ~・・・団地火事、壁よじ登り母子救出IN倉敷

ズッケー・・・女子高校生4人が水路の老人を救出

ホント、心臓悪いワァ・・・・。

“奇跡の生還!! 九死に一生スペシャル”

でも全ては生き返っていている。現在、助かった人は生きている。おじいちゃん、おばあちゃん、先生、夫、大学生、小学生と成長している。

良かったです。

でも、驚いたのは倉敷に起った事件。
身近にいたのは。
当時、確かに社会人四年目だったと思う。

私は子供を持つ母となったので、この面を見て、ハラトギして見てました・・・。どうなっているの?とか、なんで逃げるの!!(火事した責任者)
消防車に連絡しないの???と言い出そうぐらいに身を出すぐらいでした。
結局、消防車は母子の姿を見た若い女性が電話したようです。
壁よじ登りの男性は凄いね!!
元鳶の方だと納得。
もう一人はたしかに高い場所で仕事する方だったので、ズイズイと登るのは素晴らしい・・・。
救出した姿を見てホッとした。
助けてくれた男性から連絡があると良いですね。

お風呂で娘から言い出した。
あの時の携帯電話すれば良いのにって言われた。

うーん。当時は携帯電話普及していなかったはずと思っている。
1歳前後のお子さんは現在小学6年生だから、11年前でしょう?
PHSかポケベルしかなかったのかしら???

あいまいで「あの時は携帯電話はなかったよ。ポケベルしかなかったと思うよ」と答えました。

一番、凄いのは女子高校生の見る力かね。視力も良い方かもしれませんね!!
電車って、速いでしょ?
倒れた位置から凄く離れているのに、よーく見つけたわね!!って感じましたわ。
スポンサーサイト
| ドラマ | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。