12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-08-28 (Thu)
答えは男子400mリレーアンカーの朝原宣治選手の奥さんである史子(旧:奥野 元シンクロ選手で銅メダル)夫人。

TBS夜6:55放送した“女たちの北京オリンピックSP”を鑑賞しました。
幸いに録画していた!!夜勤の主人がしただろうか?でもありがたかった。

最初はソフトボール“3”番 西山麗選手 生まれつき心臓病。
普通の人のように精一杯走る事は禁止されたのですが、麗さんは走ることが好きな女の子。
ダメと言われるとたまらないでしょうね。
バスケットは休むことなく走るスポーツ。パス、トス、カバーするですから。
ソフトボールは投げると打つというスポーツなので、打つ間は休めるし、投げる間は守るとか取る以外は休める時間は何分ぐらいだからでしょう。
でも、医師からは“娘を殺す気ですか!”と親に叱った。
麗ちゃんがホームラン打つとゆっくりと廻れますが、それ以外は一塁か二塁までが精一杯。三塁まで走りたいが心臓の事を考えると・・・。
若かった監督と出会い、手術する決心するまでの時間は短かった。
八時間の手術に耐えて、ようやく皆さんと同じように厳しい練習も耐えられるし、三塁まで走られる喜びもあったでしょうね。
アメリカ人で同じ歳の物を貰った感謝と監督の言葉で金メダルというものを貰ったのは凄い。
親としてはハラドキだったのが分かる。
何かもなかったように終わって欲しいという願いは親でした。

女子サッカー“3”番キャプテン 池田ひろみ選手 年下の夫は主夫!!
同じ会社お勤めで夫は年下。
奥さんはサッカー選手でプロサッカーであることを承知の上結婚。
夫は自宅へ戻ったら、主夫に変身。
家事全般こなす。。。凄い
奥さんの大好物の麻婆豆腐を作って帰りを待つ夫は素晴らしい~。
でも、奥さんは今年限りサッカーをやめることになっている。
奥さんがサッカーをやめたら、全ては私がやることになるなーと言い出したら、年下夫は今までの通りに僕がするから気にせんで~って。
んまぁ・・・・。羨ましい限り★!!
奥さんは子供産みたいと言ってましたからね。

柔道66kg 内柴選手 三人の母
内柴選手の今までの家庭は複雑でした。
産み母、育ち母 現在の母がいます。
アテネの時は産み母に捧げるために金メダル取ったと言われたそうです。
今回は現在の母に捧げる為だと。
もう1つは息子に強いパパだと証明する為もあります。
2連続金メダル取るのは凄い事だし、かなりのプレシャーだったと思いますね。

レスリング 池松選手 6年愛
ドラマ構成で流れを見ました。
凄い~の一言です。
一度は別れた。
選手の言い方は酷いと思ってましたが、選手は彼女の存在に気付いたから、より戻りたいと・・・。
電話でなく、メールではなく手紙!!
こんな時はビックリしますね。
男が手紙を書く自体は珍しいかもと考えられますね。
オリンピック後に結婚されるそうですが、おめでとうございます。
今度は奥さんのワガママを聞くとか・・・。

そして、パパ~行け行け・・・・。と言った朝原選手の奥さん。
最初は京都の自宅でテレビ越して応援するはずだったが、パパが予選通過と知り、長女を連れてパパのいる国へ飛んだ。
ニ歳の長男は祖母に頼んだでしょうね。
結婚前の奥さんはシンクロ選手で銅メダル。
宣治選手としては悔しいかったと後から知ったらしいです。
せめても、パパもメダル取って欲しいと願って、サポートし尽くした。
その成果は良かったようで奥さんも喜んでおられました。
パパは今季で現役の線を離れるようです。
お疲れ様でした。
実は同じ歳・・・うわぁ~・・・・。
スポンサーサイト
| ひとりごと | COM(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。